フェルデンクライスメソッドって何?

フェルデンクライスメソッドって・・

2009年 9月16日に、ホームページをリニューアルしました。

いままで書いたチラシを、読み直していて

プロフィールも、企画書も・・・

初めの頃は、とてもたどたどしくて文字ばっかりで

これじゃあ伝わらないの・・・今ならわかります。

いくつか描いたイラストも、載せてもらいました♪

フェルデンクライスメソッドのこと

体験してくれた方の感想

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ありがとうございました

一年間、月に一度の播磨高岡通いが終了しました。

最後は椅子のレッスンを2つ。
振り返るのがずいぶん楽になったみたいでした。
お土産ももらっちゃいました。

体のプロの方たちにレッスンする機会を持てたこと
とても感謝しています。

自分の体への気づきを、仕事にも役立てて
いただけたようで嬉しいです。

帰り道、暗い無人駅で月や星を見るの好きだったなぁ。

姫路駅のホームで駅そば。
あったまって電車で帰ってきました。

081120_20040001

また、ご縁がありましたらぜひ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日も・・・

こんなによく聞かれるって

もしかして恵まれているのかも。

コミュニケーションの講座最終日

やっぱり質問されました。

「それはどんなものですか?」

今日は

「 フェルデンクライスメソッドはイスラエルの物理学者です。彼は柔道で傷めた膝を悪化させ医者から歩けないと言われましたが自分で治してしまいました。そのやり方は呼吸を楽にしたまま、痛みを感じない範囲で楽に動ける場所、方向などを探していくというものです。

体の一部だけを使いすぎて痛みを感じている人はそれが楽になったり、からだがしなやかになります。他の部分も動きに参加するようになるからです。

自分で自分の体を整えられるって気持ちいいですよ。

体だけでなく心や、未来も変わってきます。」

こんな感じ。

何度も答えているうちに

伝わるようになっていくかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

さすが!

火曜日の体験レッスンを

書いてくれました。

コレカラキレカラ編集長の日記

見てくださいね。

表現の力が違うなぁ。すごい!

わたしのことも(たぶん実力より)褒めてもらってます。

そんなに眠かったんだ・・・(^.^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日も聞かれたよ

一緒に働いてた先輩が

体験にきてくれました。

休憩時間

フェルデンクライスメソッドって何?

こころに効くもの?

何にひかれて保健師やめたん?って

う~~~ん・・・一言ではむずかしい。

わたしらしくいるのに、とても大切なものかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪ このメソッドのはじまり

フェルデンクライスはイスラエルの物理学者の名前です。

彼は柔道で痛めた膝を悪化させ、医者から歩くことができないと言われましたが、脳神経や筋肉の特性、人間の発達のプロセスに関することを学び自分で治してしまいました。

赤ちゃんが、自分の体をあれこれ動かしながら、寝返りをうち、やがて立ちあげるのと同じやり方で。

これがフェルデンクライスメソッドのはじまりです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪ レッスンの種類

グループレッスン・・・Awareness Through Movement(ATM)

 講師のことばの指示にあわせて、自分が聞き取ったままに体を動かしていきます。動きをとおして自らをどう整えるかを学ぶものです。レッスンは発育や発達、日常の動作、筋肉や骨格と重力の関係を探っていく動きで構成されています。

個人レッスン・・・Functional Integration(FI)

 機能的統合といわれる方法です。手のやわらかいタッチで動きを誘導し、機能的で豊かな動きに気づくことを促します。すでにクライアントの身につけている動きを生かして、よりその質をよくするものです。
 *治療行為とは異なり、痛みの除去や姿勢の矯正を目的とするものではありません。

 *2008年8月よりやりま~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

♪ 期待される効果

フェルデンクライスメソッドは ”学び方を学ぶもの

 * 人と比べないで、失敗が許される安全な空間で

   必要なだけ時間をかけて

 

* 正しい・間違っているという概念から離れ、自分のやり方でやれる

  * やり方を矯正されるのではなく自由に選択できる

「今、自分が何をしようとしているか 

    実際に何をしているか

      何ができるのか」に対する気づきを育んでいく。

                  ↓
その結果 

 * こうだと思っている自己イメージを

    より事実に基づいたものに育てていける。

 * 普段の生活に気づきが増え

    起きている事がらに余裕を持って行動を選択できるようになる。

 * 理想とのギャップに悩まず

    今の自分のたち位置から目的の方向へ出発していける。

  

 どんなきっかけでも

 フェルデンクライスメソッドに出合った人が

 「だんだん楽になってきた
        自分の事がわかってきた
                からだが
愛おしい」と感じられるように。

 さらに

 「わたしにも何かできそう。チャレンジしてみよう」と

 未来にワクワクし

 「楽しんでたらできちゃった!もっと違うやり方もあるかも」

 意欲がわいてくる。
    

 自然に笑顔になる

 まわりの人もほんわかした気持ちになる

 幸せな人が増えて暮らしやすくなる

 神戸の未来が明るくなる 

 日本の将来がよくなる

 世界が平和になる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企画書

自分の力だけじゃ無理だなぁ。

友だちに協力してもらおう。

「フェルデンクライスメソッドって何?」

「どうしてそれを伝えたいの?」

「効果は?」

「方法は?」って、夕方から2時間。

なるほど~

はじめての人にはそこを説明すればいいのか。

「キャッチコピーは命ですからね」

・・・ わたしのは命が終わってる。

だいぶ頭がすっきりしてきた。

もう一度考えて書いてみるね。

仕事のあと長いこと付き合ってくれてありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はこの言葉

~ 自分の体が愛おしくなる ~
     フェルデンクライスメソッド

フェルデンクライスメソッドは、動きを通して自分を知る

” 気づき ”のレッスンです。

ことばの指示を聞いて、それぞれが感じたままに

心地よい動きを探っていきます。

”人と比べない””がんばらない””無理しない””疲れたらいつでも休んで”

”成功することよりプロセスが大切”

レッスンの効果を上げるのに重要なこと。

考える頭は枕元において、感じる力を一緒に育てていきませんか。

・・・明日読んだら変かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)